ふれあいリトミックとは

「ふれあい」と「音楽」の融合 ふれあいリトミック

音楽、ふれあい、リズミクス、リトミック、ユーリズミックス
ふれあいリトミック協会の「ふれあいリトミック」は、音楽を通じて人と人のふれあいを深めていく、ふれあいと音楽の融合から生まれました。
現代は、乳幼児が既にスマートフォンを使いこなす時代。おもちゃやゲームなど手軽に便利に楽しめるものがあふれています。何でもある便利な時代…その反面、子どものコミュニケーション不足が見受けられる様になってきました。そんな、何でもある便利な時代だからこそ、「ふれあい」が大切であると私たちは思います。

音楽は良いコミュニケーションツール

ハワイアン、フラ、ダンス、リトミックまだお話の出来ない赤ちゃんも、音楽が流れると手足を動かしたり、声を出したり様々な反応を見せてくれます。

また、小さな子どもが流れる音楽に合わせて体を揺らしたりと音楽に反応する姿も見られます。

音楽は子どもの脳や体の発達、精神面にも良い影響があると言われ、リトミックやリズム遊びなどのカリキュラムが、幼稚園や保育園など様々な場所で取り入れられています。

一緒に歌を歌う、音楽に合わせて一緒に踊る…。楽しみながら協調性や社会性を育みコミュニケーションを円滑にする、音楽にはそんな役割もあるのです。

ふれあいリトミックで大切にしている3つのふれあい

リトミック活動の中で、親子のふれあい、お友だちとのふれあい、先生とのふれあいを大事に活動し、音楽を通じて人との絆を深めていくことを目的にしています。また、リトミック活動を通じて、子どもの心の成長をサポートしていきたいと思います。

リトミック、目的、先生
◆ 親子のふれあい

リトミック資格、通信教育、通学、短期間、低価格
親子関係を作る基礎になる乳幼児期。
ふれあいを通じ、子供の情緒が安定し、心の環境を整えます。何にでも挑戦しようと言う気持ちや自立心の芽生えにもつながります。

◆ お友だちとのふれあい

ふれあい、友達、先生、資格、リトミック
子供達は自然に友だちの存在を意識するようになっていきます。グループ活動などにより友だちと関わりを持つことで、社会性、協調性を学び身につけ、友だちと合わせる気持ちや、譲る思いやりの気持ちを育みます。
◆ 先生とのふれあい

ふれあいリトミック協会、アプリケアカレッジ、資格
先生とのふれあいを通じて、リトミック教室が子供にとって楽しい空間になっていきます。
そうすると、子供達は自然に集中するようになり、集中力が養われます。そして、教室の中で、自由に表現する喜びを感じ、想像力も育んでいきます。

リトミックのはじまり

リトミックとはリズム運動により、心と体の調和と発展を目指した教育方法で、スイスの音楽家 エミール・ジャック=ダルクローズ によって20世紀初めに創案されました。

音楽教育にリズムを取り入れ、音を聴き、感じ、体で理解する事で心と体の調和をはかり想像力・完成を磨き、それらを実現させる能力を高めていこうとする教育法です。

リズムにより、思想・感情・表現(行動)のバランスのとれた人間になるようにという願いのもと考案されました。

「体で音楽を感じ、自分のものにして自己表現する」という教育法は、全世界で広く支持され世界各国に広がったと言われています。